電池モジュールを搭載している太陽光発電

少し余裕のある太陽光発電システムを設置することによって、買電と売電の差額が0円になることも十分に考えられます。
つまり固定買取制度の売電単価から計算をしてみますと、買いと売りが逆転し、つまり利益を出すことが出来るのです。太陽光発電は電池モジュールを標準装備されていることから、毎月どの程度の利益を出せるかを計算することは可能です。
天候で大きな差が出たり、さらにはライフスタイルによってもその金額は異なってきます。太陽光発電というのは売電分が全て利益になるということはありませんが、確かに収益が出るケースはよくあります。
しかしその利益がいくら出るのかは、天候や規模によりまして異なってくることからケースバイケースと言えるでしょう。 太陽光発電と言いましても、様々なメーカーから発売されており、また販売代理店も数多くあります。
最近では人気の太陽光発電ということで悪徳行為をしている業者も多いのでご注意ください。



電池モジュールを搭載している太陽光発電ブログ:17/8/16

去年の3月にお母さんと電話で話していて、
ちょっとしたことで久しぶりに衝突しました。

やっちゃった感はありましたが、
そのおかげで学んだこともいろいろあったので、
まぁいいかと思っていました。

わたくしはそのケンカを引きずる気分はなかったし、
お母さんもしばらくしたら忘れるだろう…ぐらいの感覚だったのです。

だって、かつてお母さんは何度となくヒステリーを起こし、
娘のわたくしはけっこうつらかったのです。

今回はわたくしが言い過ぎたところはあったけど、
今までのことと合わせて考えれば、「チャラよ、チャラ」
お母さんだってそう考えてくれるだろう…と思っていました。

そして5月の連休に帰省して
お母さんと会ったのですが…

わたくしの予想に反して、
お母さんが3月の言い合いのことを
かなり根に持っていることがわかりました。

「もう電話であんたとは話したくない、用がある時はファックスを送れ」
と言われてしまったのです。

でも、そういうことを言いながらも、
一緒に過ごしたみっか間、
お母さんの態度はいつもどおりだったので、
わたくしは楽観的でした。

気にせず電話すればお母さんが出るだろうし、
何度か話しているうちにお母さんのわだかまりも消えていくだろう…と。

ところが、その後、
たまに電話をかけても、お母さんは一切出ないのです。
電話口に出るのは親父です。
今まではいつもお母さんが出ていたのに…

えー、そんなに怒らなくてもいいじゃない、
はっきり言ってお互い様じゃないの…と思いながらも、
段々と、そっちがそうならこっちだって…の気分になってくるのが人間です。

だって、もとはと言えばお母さんが、
何かというとお姉ちゃんを優先するから腹が立つんじゃない、
3月のケンカだって、それが元になってるんじゃない、
お母さんのバカ!